ダミー
ダミー

「選択」事件とは (2004年9月号)
 今年4月20日、政官財のエリート層に多くの読者を持っていた会員制情報誌「選択」を発行している選択出版の子会社・選択エージェンシーの営業部長が、厚生労働省職員への贈賄容疑で逮捕された。6月8日には同容疑で、同社の尾尻和紀社長が逮捕されている。厚労省の補助金で製作されるビデオや冊子を入札のない随意契約で受注。破格の収益を上げていた一方で、「監修料」などの名目で厚労省役人に還流していた容疑。会社設立間もない選択エージェンシーがこうした仕事を受注できたのは、雑誌「選択」の厚生労働省人脈や影響力を背景にしたもので、税金を食い物にした違法なビジネスとして指弾されている。
 さらに、選択エージェンシーが主導して「癒しと安らぎのフォーラム」なるイベントを開催。その協賛金集めにも同様な「選択」の影響力利用への批判が集まっている。その上、実行委員会会計である協賛金の1部を選択エージェンシーの収益にしている疑惑も浮上している。
「選択」では、昨年12月から今年3月にかけて相次いで編集長が解任されている。その1人で、前述の選択エージェンシーの営業手法を選択出版の湯浅正己社長に諫言したとされる阿部重夫・元編集長は、4月1日、同氏や家族への「家族全員が血祭りになりますよ」等の脅迫状などを証拠に「被疑者不詳」のまま脅迫容疑で刑事告訴している。
 一連の問題に湯浅社長は「子会社の問題」「過剰信頼していた」等、自らの責任や雑誌の影響力を利用したビジネスへの批判をかわしているため、雑誌「選択」そのものへの批判が高まっている。(編集部)
ダミー
ダミー





ダミー

■高い評価を受けていた予約購読制雑誌「選択」の幹部が逮捕された。雑誌を利用した金儲けという裏切りに、創刊時から販売の苦労を重ねて「選択」を育てた元専務の胸中は……

「選択」がここまで汚(けが)れてしまったことを知り、私は今、慙愧(ざんき)に堪えない。あれほどまでに多くの方々に助けられ、支えられて育ててきた「選択」が、かくもひどいものになろうとは、これまで助け、支えてくださった方々になんと言えばいいのだろうか。
             ◇
 選択出版社長であり、創刊時から雑誌「選択」の編集長を務めてきた飯塚昭男が永眠したのは、昨年の8月18日のことでした。飯塚昭男と私は、義兄弟です。年齢こそ私が2つ上になるが、私の妻は、飯塚の妹。つまり私は義理の弟ということになる。
 その葬儀・告別式の席に、「選択」創刊時から飯塚とコンビを組み、世間では誰もが2人3脚で「選択」を作り上げてきたと認めている現・選択出版社長である湯浅正己君の姿はなかった。彼の妻は、「新聞で見て知った」と言って弔問に訪れたが、そこに湯浅君の姿がなかったことは、故なきことではない。それは、この手記を最後までお読みいただければお分かりいただけるだろう。ただ、一言だけ書けば、湯浅君は、病気になりたいと思うときは本当に病気になれる。小学生が登校拒否をするときに本当にお腹が痛くなるのと同じなのだろう。そして、病気になれば救急車も呼べるし、入院もできるということだ。

破廉恥な自己弁護に終始「選択」を掌握する責任者

 飯塚が亡くなった後、雑誌「選択」を巡って、様々なことが耳に入ってくるようになった。そして、ついには「選択」の持つ雑誌の力を悪用して不当・違法な金儲けに走ってきたことで逮捕者まで出してしまうという、およそ「選択」の標榜していることからは考えられない、許されざる不始末をしでかしたことも発覚した。
 それなのに、飯塚亡き後、それまでのような実質だけではなく名目上でも唯一絶対の権力者となり、「選択」のすべてを掌握している責任者である湯浅正己君の破廉恥な自己弁護、ウソで固めた「選択」誌面の汚し方を見るにつけ、私は無念でなりません。
 苦しかった創刊までの草創期はもちろん、創刊以後の雑誌「選択」を支え、育ててくださった本当の支援者、資金提供者、購読者、執筆者、広告主などたくさんの方の顔が浮かび、居たたまれない気持ちになっているのです。
 しかもここ何年か、湯浅君は、オーナーである自分を美化するために「選択」創刊時について、とんでもない格好づけをしていた。中でも私が許しがたい思いで読んでいたのは、「選択」が1万人の予約購読者を集めてからスタートしただの、それができたのは「多くのよき酔狂人がいらっしゃったから」などと書いていたことだ(2001年1月号)。当時の私たち販売担当者の苦労や、それに協力してくださった方たちのことなど、まるで眼中にない。そもそも創刊時の予約購読者数は1,000部にも満たないものだったではないか。それを、1万人からの前払いが達成できてスタートしたなどと、よくもそんなウソがつけるものだ。こんなことが平気で言える湯浅君こそ、文字通りの「酔狂人」ではないか。
 そんな居たたまれない気持ちで「選択」のことを考えていた折、「エルネオス」の取材を受け、手記を依頼された。
「エルネオス」は、「選択」を1つの目標として創刊され、10年目になる今、ジャーナリズムの立場から、そして同じジャンルのメディアを目指している立場からということで、「選択」の今回の事態をゆゆしきものと受け止めて、何度も記事にしされていた。その記事の論調は、私が嘆き、問題視していたことと同じであり、共鳴するものを覚えながら読んでいたところだった。
 うかがえば、編集長は産経新聞社の出身だという。かく言う私も、産経新聞社の販売部長を務めた後に、勤めた株式会社恒陽から「選択」の販売に転じた産経新聞社OBである。これもご縁と考え、手記の執筆要請に協力することにしました。「選択」が縁ある人々に助けられてスタートし、今日あるのもその方々のお陰だと思えば思うほど、そういう恩ある方たちを裏切り、「選択」を歪めてしまった元凶が何かを明らかにすることは、私の責務であろうという気持ちが膨らんでくる。今、こういう場を与えられるのも1つの縁であり、それに答えるべきだと考えるに至りました。
 湯浅君は、自らの筆で最新号である「選択」7月号にこう書いている。「子会社『選択エージェンシー』(ただいま解散手続き中)の社長・尾尻和紀が同社企画部長に続いて贈賄容疑で警視庁に逮捕されました。
 実は、Y生(筆者注・湯浅君のこと)、5月号当欄でお粗末をやらかしてしまいました。部長逮捕をあたかも『不当逮捕』であるかのように批判的に書いたのです。『れっきとした監修料として払っている』『役人との飲食は5,000円以内に収めている』。要するに起訴されて有罪になるようなことはやっていない、と見得を切ったわけです。ところが、これがとんでもない推断でした。
 それはひとえに、子会社の尾尻以下を信頼し切っていたからにほかなりません。子会社に対するこの買い被り、過剰信頼――これこそが本不祥事発生の核心であったと深く反省しております。
 失敗の教訓を噛みしめながら、1からやり直しです」
 これには開いた口がふさがらない。卑劣極まるとしかいいようがない。読者や広告スポンサーはこの「反省文」をご高覧いただいても、湯浅君の誣語(ぶご)(編集部注・わざと事実を偽って言うこと)を了解されることはないであろう。そしてすでに、そこに湯浅君の人間性を垣間見られたと思う。

湯浅社長の金儲け執着が違法行為を招いた要因

 湯浅君は、いかにも自分は黒子、陰で支える縁の下の力持ちを装っていても、実は大変な権力欲の塊である。皮肉にも今年3月号で「裏方が性に合っていて、晴れがましいことがニガ手」と自己紹介しているが、それもまた、湯浅君一流の身の飾り方である。それは彼の近くに身を置いて共に仕事をしたものであれば、よくよく身に沁みて知っている。彼は、俗に言う「内面(うちづら)と外面(そとづら)」とが極端に違う人物なのです。
 その人物が、「それはひとえに、子会社の尾尻以下を信頼し切っていたから」「子会社に対するこの買い被り、過剰信頼――これこそが本不祥事発生の核心であったと深く反省」などと、自らが取らねばならない責任を部下に押しつけ、一から出直すという。
 馬鹿も休み休み言ってもらいたい。湯浅君にその資格はもはやない。それどころか、今回の「選択」の反社会的行為を生みだしたすべての責任は湯浅君にあることを何より自覚して、いさぎよく責任をとることが先決だ。いや、それしか取るべき道はないはずだ。
 思い返せば、湯浅君が自分ひとりを棚に上げて責任逃れをしてきたのは今回だけではない。湯浅君は、「選択」が「一勧スキャンダルの元凶」という記事を載せて、大蔵省広報室から厳重抗議と訂正要求文を突きつけられたことについて、1997年9月号で、こんなことを書いている。「まことに情けない話です。大蔵省から指摘されるまでもなく、そもそも常識で分かること。『持参金として1億円持たせた』などと言うヨタ小説もどきの話に、首を傾げる編集部員がなぜ1人もいなかったのか。恥ずかしい限りです」
 編集のプロと持ち上げられ、毎号自分で目を通しているはずの記事が問題になり、猛烈な抗議を受けるや、編集部員に責任を押し付けていた。これもまた、窮地に立たされると馬脚が現れてしまう湯浅君の人間性の証(あかし)だったのだろう。だが、責任転嫁は個人の性格だろう、ではすまされない。
 では、なぜすべての責任が湯浅君にあるのか、そして今回の事態の元凶であるのか。それは、これから書いていく、「選択」創刊から今日までの湯浅君の実際の言動をお読みいただけば、誰でも納得されるだろう。今回、逮捕されたのは、選択エージェンシーという選択出版の子会社の尾尻和紀社長であり、杉山仁部長である。それを子会社の問題に矮小化しようと弁明に努める湯浅君は、自ら創ったその選択エージェンシーに100%関与しており、これを日常の主たる業務としてきたことを、どう弁明するというのか。
 そもそも「本件不祥事発生の核心」というなら、それはだんだんと強く表に現れてきた湯浅君の金儲けへの執着が、やがて違法行為をしてまでも儲けようという部下たちの営業手法を招いたことにこそあるのではないか。
 ここで、はっきり書こう。
 もはや湯浅君は「選択」の発行を続けてはならない。「選択」誌面の持つ力、つまり、その影響力と役所人脈を利用した違法な金儲け、特に、濡れ手で粟の口銭商売をして税金から法外な利益をあげてきたことや、金儲けを狙ったイベントの仕掛けなどを考えれば、どのような屁理屈を並べようと、そのように利用した雑誌「選択」は、まことに無念なことながら、もはや汚れてしまったのである。その使命、存在価値を自ら亡きものにしてしまったのである。湯浅君の内面に隠された野心が、クオリティーマガジンとして確固たる地位を築き上げたはずの「選択」を、生き長らえてはならない媒体に歪めてしまったのである。

広告主・サントリーと過去にあった因縁話

 今、湯浅君がとるべき道はたったひとつ。これまで「選択」を育ててくれた人たちにその非をわびて、身を引くことしかない。湯浅君の指示で動いてきた尾尻君逮捕に、なぜ湯浅君が何も問われないでいられようか。
 後で触れるが、10年前に飯塚が遺言のように残していた「後継者を育てる」決意を、結局は飯塚も湯浅君も実行できなかった。湯浅君は、むしろ後継者が育つのを阻んできさえした。となれば、どんなに取りつくろっても、後進に道を譲る術もないだろう。「選択」が汚れてしまったことは、賢明な広告主はすでに承知だ。こんな「選択」に広告を出すことは、流行りのコンプライアンスを持ち出すまでもなく、「選択」が説いていた企業の社会的責任に反すると自覚しているからであろう。湯浅君がいかに取りつくろおうとも、広告主は実態を見抜いて、広告を出すことをやめている。
 湯浅君は、事件が表面化しつつあった今年4月号で、こう書いていた。「『広告が少ないのが良い。ふやさないで』と忠告してくださる各位にはまことに辛いことですが、この4月号から4頁ふえて計20頁建てとなります。増(原文のママ)えたのではなく、元に戻ったということなのですが。
 われわれは創刊のさい『暮らしの手帖』のように広告ナシで通すことを検討しました。余計な聖域はつくりたくなかったからです。しかし、それでは何やら身構えているようだし、雑誌のイメージが殺風景で硬直したものになるということで、広告導入を選択したという経緯があります。そのかわり、頁数を抑えることにし、上限を20頁と決めました。御多分にもれずバブル後は良い広告を集めきれなかったのが、ここへきてまた20頁を埋められるようになったというわけです。(以下略)」
 それがどうだ、自らベンチに入ったと宣言した後、たった3カ月後の7月号では、「広告20頁掲載宣言」はどこへやら、サントリーと資生堂のたった2ページしかない。それも、なかったら格好がつかない表紙裏(表2)と裏表紙(表4)だけで、後は自社の広告でページを埋めている。それでは、それまで掲載されていた企業の広告は良いものではなかったとでもいうのか。
 しかも、この広告主を見てブラックジョークかと思うのは私だけではないだろう。創刊時から長年「選択」を読みつづけてくださった読者や、執筆者は同じ思いで見ているのではないだろうか。
 資生堂については、ひとまず置こう。しかし、サントリーについては「選択」の歴史を振り返れば、因縁浅からぬものがあります。「選択」創刊の翌1976年、今でも続いている「企業研究」シリーズで、サントリーを延々5回にわたって取り上げた。特に、同社の看板ウイスキーであるサントリーオールドの中身について、モルトが少ないとの疑問を呈した記事は評判を呼んだものである。
 「伊月さんね、とにかく業界のトップ企業をターゲットにして徹底的に批判するんだよ。そうすれば、2位、3位の企業がこっちについてくる。そういうもんなんだ」
 飯塚と湯浅君は、雑誌編集のプロとして、企画のコツを常にこう言っていた。その実践であったのだろうが、ことサントリーには、さらに後日談がある。記事では一流企業としてこのような扱いをしながら、随分と長い間、「選択」にはサントリーの広告は掲載されなかった。ある時期、サントリーのMさんが、専務の私のところに「広告を出したい」と訪ねてきた。それ以来、私が何度となくサントリーのMさんの意向を仲介しても、湯浅君は絶対に首を縦に振らなかった。その理由は、「『選択』は一流の企業の広告しか載せない。一流の条件は、上場企業ということだ。サントリーは上場していないからダメだ」というものであった。
 この理屈をあっさり取り下げたのは、商法改正でそれまでの企業広告がパタッと入ってこなくなった頃からです。湯浅君、謙虚に当時を回想してくれ! 私はあえて詳細の記述は控えよう。だが、サントリーが日参してきても、頑なに私の仲介を認めなかった。これは湯浅君の私への意趣返しにすぎなかったのであり、Mさんには気の毒なことであった。今回、たった2本だけの広告のうちの1本がサントリーであることをMさんはどんな思いで見ているだろうか。
 私は、重箱の隅をつついているのではない。この広告を巡る動きそのものに、口先ばかりのまやかしが得意の湯浅君の一面が出ているから取り上げるのだ。しかも、事の重大性をはぐらかすことに腐心するあまり、もはや、すぐにばれる嘘も平気でついてごまかす自家撞着に陥っているからである。
 もう1度、書こう。
 もはや、「選択」は発行してはならない。大切な心をなくし、金儲けに利用してしまった「選択」をこれ以上出し続けて汚すことは、「選択」をこれまで評価の高い雑誌に育ててくださった、たくさんの人たちへの背信行為といわねばなるまい。

「もう『選択』はやめだ!」ご愛読者の怒り

「選択」には、読者が「選択」への感想を寄せる「私の『選択』」というページがある。このページは、読者カードの中から選び出してそのつど寄稿をお願いしている。7月号の同欄には、トヨタグループの一翼をになう関東自動車工業・元常務の梅原仁氏が寄稿し、「貴誌を愛読して20年、本年古稀を迎える。現役時代は情報収集のため種々雑誌を購読したが、現在は『選択』のみである」と書き出したその文章を「貴誌を拓き育てた先人飯塚、伊月氏との知遇に感謝し、昨今報じられている事件などで創刊の精神を汚すことなきよう念じて止まない」と結んでおられる。
 本来なら、このような内容であれば湯浅君がカットしてしまい、掲載されることはないだろう。それをあえて載せているのは、まやかしの自己反省の弁との相乗効果を狙ったのではないのかと想像できます。
 だが、梅原氏が書かれたことは軽いことではない。湯浅君は、その前の6月号で「いまは何を言っても弁解になり、誤解のもとです。失った信頼をいくらかでも取り戻せるとすれば、それは、雑誌を良くする一手、と思っています。たゆみなきレベルアップ――今後は努力目標をこの1点にしぼって邁進するつもりです。宜しくご寛恕のほどを」などと、逮捕者を出したことにさえ、許しがたい無責任なことを書いている。こういうことが読者にはどのような裏切りになっているのか、分かっていないのであろう。
 その梅原氏は、今回私に「(関東自動車の副社長をしていた)佐々木(康夫)さんも、一体『選択』はどうなっているんだ! と言っていましたよ。俺は信頼して大好きだったけど、もう『選択』はやめだ! と怒っておられました」と、打ち明けられた。
 同じ思いの読者がどれだけいらっしゃるだろう。情けない話ではないか。
 そういう方たちの恩に報いるためにも、私は、今の「『選択』問題」の本質を明らかにし、おわびをしなければならないと考えている。それが、この手記を書く原動力になっています。(以下次号)

次号では、尾尻、湯浅両氏との事件後のやりとりや、
飯塚氏と湯浅氏の関係などについてお書きいただきます/編集部
ダミー
ダミー
ダミー
(C)2005 株式会社エルネオス出版社. All rights reserved.
〒105-0003 東京都港区西新橋1-22-7 丸万7号館 TEL.03-3507-0323 FAX.03-3507-0393 eMAIL: info@elneos.co.jp